Event is FINISHED

朝日新聞「論座」オンラインイベント どうするコロナ時代のシューカツ・働き方――若者は何を望む? おとなはどう応える?

Description
コロナ禍のもと、急速に景気が悪化し、「就職氷河期」「超氷河期」に続く第3の氷河期がやってこないかと心配されています。一方で、ソーシャルディスタンスを保つよう求められるなか、テレワークの普及が進むなど、働き方も変わりつつあります。就職や就活のあり方、働き方について、見つめ直すときではないでしょうか。朝日新聞社の言論サイト「論座」の筆者である労働運動の当事者や就職氷河期の経験者と、政治課題・社会課題について発信している若者たちが、世代を越えて意見を交わします。オンラインで、ライブでご覧いただけますので、ごいっしょに考えてみませんか。

 【出演者】

 神津里季生さん 連合会長・論座筆者。新日鐡労連会長、連合事務局長などを経て現職。論座に「往復書簡 コロナ危機と政治 神津里季生・山口二郎」を連載している。近著に『神津式労働問題のレッスン』。

 赤木智弘さん フリーライター・論座筆者。就職氷河期世代で、「『丸山眞男』をひっぱたきたい――31歳、フリーター。希望は、戦争。」と題する論考で注目を浴びる。著書に『若者を見殺しにする国』など。

 たかまつななさん お笑いジャーナリスト。「お嬢様芸人」として活動する傍ら、お笑いを通して社会問題を発信。若者と政治の距離を縮めるため株式会社笑下村塾を設立し、主権者教育の普及・啓発などを手がける。

 町田彩夏さん 政治アイドル。政治について語ることをタブーから日常にしようと発信。大学院でジェンダー社会科学を専攻中。就職活動中の学生に対するハラスメントに対しても声を上げている。

 古田亮太郎さん 慶應義塾大学法学部政治学科1年。若者の意見を政治や社会に届けるため、政策提言活動などを行う「日本若者協議会」で、労働政策委員会に所属している。

 司会・木之本敬介 「あさがくナビ」(朝日・学情ナビ)編集長・朝日新聞社就活コーディネーター。政治部記者、生活部デスク、採用担当部長などを歴任。「就活ニュースペーパーby朝日新聞」で発信中。

 【日時・参加方法】
 2020年8月3日19時~20時に、ライブで配信します。参加費は無料。
Mon Aug 3, 2020
7:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
どうするコロナ時代のシューカツ・働き方 FULL
Organizer
朝日新聞「論座」編集部
865 Followers

[PR] Recommended information